愛とか

弟に対して「家族だからある愛」みたいなのはほとんど感じられない。


この十数年を考えるとそんなこと言えない。


やっぱり障害者のきょうだいがいなかったら…を考えてしまうし「私は」そっちが良かった(全員がそう考えてる訳ではないけど)


多分弟が健常者だとしても私たちは性格などの問題からあんまり仲良くなかったことは想像できる。だけどそっちだったら将来の「自分じゃなく他人が原因で起こる不利益」を心配する必要がないから、絶対そっちが良かった。


弟を守ってやる!なんて思わなくても済むし。なんで健常者のきょうだいはそんなこと思わなくても済む(守ってあげると思う家庭もそうでない家庭もどちらもあると推測してます)のに、こっちは弟がいじめられたら姉の私が守ることを求められるの?

障害者がきょうだいにいたら、そんなことしなきゃいけないの?私はそれが疑問で守ることなんて一度もしなかった。したくなかった。


でも「弟を守ってね」って求められることを小さいときからずっと感じている。親が…?直接は言わないから違う気もする。見えない何かから「健常者なんだから守ってあげなさい」と求められることを何度も何度も感じた。


私は弟を守るための存在じゃないんですけど。私は私で、弟が障害者に好きでなった訳ではないのと同じで好きできょうだい児になった訳じゃない。障害者の弟がいて良かったこと、みたいな作文を書かされそうになったこともあるけど猛反発した。好きできょうだい児になった訳じゃないから書くことがない。

どちらも「可哀想」なんかじゃない。ただ「好きでなった訳ではない」点が共通していてどちらも比べられない。


姉は守らなきゃいけないの?健常者だったらそんなこと必要ない。


だから、弟にだけは愛なんて感じられない。他人でしょ。家族だからの愛って何?


ただの他人だったら、そこから逃げて全て解決する。


他人なんだけど「家族」だから、逃げても逃げてもついてくる。









でも家族だから少しだけ楽しいときもある。ほんとたまに。だからこそ強く思う。弟が障害者じゃなければ、このままただ『楽しい』が続くのに。