書き続ける

誰も見なくてもここに書く。


私は書く。


障害者のきょうだいがいたら嫌いとか表に出してはいけないから心にしまうなんて出来ないし、ここに書く。


障害者のきょうだいがいてその子が大声で叫んで私が「うるさい」と言ったら悪いのは私になるからね。今なら障害だからしょうがないもわかるけどそれを幼稚園の頃から求められるんだからこっちはどれだけ広くて神様のような心を持っていなきゃいけないのだろうか。


わたしのことを快く思わないあなた方はもし障害者のきょうだいがいたら24時間365日神様のようにいられるの?


いくらうるさくされても、幼稚園の頃から「仕方ないね」で済ませることができるならさぞ成熟した人だから私を怒るんでしょうね。すごいですね。


家族である弟に遠慮なくうるさいということすら憚られる。


「障害者だから」で悪者になるのはいつもこっちだ。


健常者のきょうだいだったら「うるさい」「ウザい」「嫌い」「消えろ」がアリなのに相手が障害者ならニコニコ仲良くしなきゃいけない。それを求めるあなたは仲良く出来るの?


別に他人や社会に何も求めてない。


話を聞いてくれた、聞いてくれる、ネット上の人には本当に感謝はしてます。顔も知らないけど本当に本当に繋がっていて安心します。



家族に求めることもない。(強いて言うなら弟を家族じゃない他人にして欲しいけど物理的&生物的に無理)


というか親も親できょうだい児のことを気にかけても最終ゴールを「きょうだいで支え合い、共に生きる」だと思ってるんだろうけどわたしの中のゴールは「互いに関わらない、弟も私の迷惑になることをしない、わたしも弟の迷惑になることをしない」だから歩み寄れる気も一切しない。


親とは見てるものが違うから。こっちは勝手にきょうだいになってて繋がりが一生だから。


「障害者やその家族への差別が未だ残る社会を変えましょう!」なんて全く思わない。


無理だよ、そんなの。


ていうか「きれいなもの」ばかり見てきた又は見せてきた社会に対して「私とともに変わりましょう!変えましょう!」と叫ぶ労力は無駄だ。


法律や制度で外から見たら解決するかもしれないけど、個人に焦点を当てたら偏見はあると思う。絶対消えない。

 

自分は障害者である弟が嫌いだが、でも弟が第三者に差別されて悲しく思ったことも昔はあった。


弟のことを考える時だけいつも、私の中にはいつも二つの気持ちがある。


「家族まで」含めて偏見が無くなる日は来ないよ。


私は自分のためだけにここに書く。